紫外線ケアも行える、ユニークなハンドジェル

過日、製品ストアのアフタヌーンティー・リビングにたまたま行ったら、面白そうなタイプが目についたので、試しに買ってみました。紫外線ハンドジェルだ。
これは、手荒れのケアができると共に紫外線ケアももらえるという、欲張りなタイプだ。そういったタイプは今まで総じて見たことがなかったので、ユーモアといえるでしょう。SPF29、SA+++なので、紫外線ケアの成果もある程度大きいといえます。
総計は、30グラム入りのチューブ1本で税込み1,080円、60グラム入りのチューブ1本で税込み1,620円だ。ブルー、黄色、ピンクの3種々があって、ブルーはバーベナ、黄色はグレープフルーツ、ピンクはローズの異臭がする。試しに使って見るので一寸分量で十分なことと、3種々の異臭のうちグレープフルーツが一番なじみやすみたいだったので、こちらは黄色の30グラム入りを選びました。
夏になると手の甲の日焼けが気になりますが、ハンドクリームの代わりに日焼け止めをつけてもべたついたり、落ちやすかったりするなど、ユーザビリティやスキンケア成果があまり、ということがよくあります。だからといって手袋やアーム埋め合わせを使うという、暑すぎたり、蒸れたりすることもあります。こういうハンドジェルは、こうした恐怖を帳消ししたい、というニードに満足答えられるのではないかと思います。
現に使ってみたパーツ、さらりとした気分で、のびの良さにはやはり驚きました。1.5センチも出せば、片腕のひじから指先までを埋め合わせできます。ツボを洗うなどして落ちてしまっても、塗り治すのが苦になりません。暑苦しくなく、使い勝手がよく、ツボ指の紫外線ケアができるという点で、こういうハンドジェルはユーモアかつ際立つタイプだといえそうです。
欲を言えば、異臭を嫌い人様や過敏肌の人のために、無エッセンシャルオイルのものが行く末出るといいな、と思います。実際の年齢よりも老けて見えるなら、食事と睡眠を見直してみて。