カスターオイルと重曹の効力、変色にあたって

ネットで密かににぎわったカスターオイルと重曹を混ぜて不潔のある部分に塗り付け続けるといったん不潔は濃くなるけどある日その濃い素肌がはがれて初々しい素肌が。。前月要望山盛りで試してみました。結果は?ずばり、一月たった今日まだまだこれといった効果は出てません。我慢が足りないのかしら。若々しいうちに強い陽射しを浴びすぎた振りかけがすぐさま45を過ぎたうちから生じるは。気がついていなかったのですがある日鏡で自分の背中を見てびっくりしました。たくさんの不潔があるではないか。背中はもうあきらめますけど面持(頬の部位といった目の下)に出来た不潔は初めて薄くならないでしょうかね。今日あたいは米国に住んでます。アメリカのHPでしみ消しクリームを検索すると予め、日本でもおなじみのルミキシルとかオバジ、Bグレンなど長期間出てきます。不潔でお恐怖の女性は世界におけるってことなんですね。過去資生堂の6千円くらいのしみ取りクリームを根気よく続けたときはそれなりに結末あった気がします。(これは10階層前のツイート)そうして、4階層周辺前にクリニークのダークスポットコレクター(50ドルほどだったという)これも今思えば結末あったのかなぁ。この夏再度コスメティック社から出ているクリームといったビタミンC 投薬を心がけチェンジをしたいと考えている近頃だ。これで不能なら断然レーザー診査なのかしら。敏感肌専門ブランドが作った化粧下地の驚くべき効果とは?